ノアンデじゃわきがは治らない?

ノアンデじゃわきが治らない?ノアンデは、わきがで困っている人に確実な効果を期待できる2つの有効成分と古来から伝承されている力を持っている天然由来の植物エキスでデリケートな肌の人でも使うことができます。

 

2つの有効成分の働き

 

 

口コミでわきがを抑える効果があると話題のノアンデは2つの有効成分の働きがあるからです。
わきがの原因は3つの汗腺類からの分泌物によるものと言われています。
まずはアポクリン汗腺から分泌される脂肪やたんぱく質が毛穴を通じて皮膚上に出てきます。
皮膚の上には菌がいて分泌物を分解して異臭を発するようになります。
これがニオイの元になります。
皮脂腺からは皮脂が分泌され、同じように毛穴から皮膚上に出てきます。
これがニオイの元と混ざってさらに強い異臭を放つようになります。
この異臭を放つ物質がエクリ汗腺から分泌される汗によって広がって臭いが飛びやすくなります。
アポクリン汗腺の数が多かったり、汗の分泌量が多い人がわきがの強いことになります。
ノアンデはわきがに対して菌と汗のコントロールによって対応します。
まずは菌の増殖です。
アポクリン汗腺から分泌される脂肪やたんぱく質が皮膚上に出ても分解されなければニオイの元にはなりません。
ノアンデの有効成分であるシメン-5-オール(イソプロピルメチルフェレール)は皮膚上の菌の増殖を抑えます。
わきがの原因菌であると言われているコリネバクテリウムと黄色ブドウ球菌に対する24時間後の殺菌率をシャーレを使って実験したところ、99.9999%であることが確認されています。
これだけの殺菌作用があればニオイが発生するのを抑えることができます。
もう一つの有効成分であるフェノールスルホン酸亜鉛(パラフェノールスルホン酸亜鉛)は汗を抑えて整える効果があります。

汗を抑えることができればニオイを発しにくくすることができます。
また、汗が整えられることであらたな原因菌が繁殖することを防ぎます。
ノアンデは原因菌の殺菌作用と汗の抑制、コントロール作用でニオイの発生を抑えることができます。

 

 

天然由来成分のこだわり

 

 

ノアンデのクリームに使われている成分は選りすぐられた天然由来のものを使っています。
香料、着色料はもちろんのこと、鉱物油や石油系界面活性剤、タール系色素、動物性原料は一切使っていません。
だから子供や肌が敏感な方にも安心して使うことができます。
わきがを減らすためにノアンデを使って、肌荒れを起こしてしまったのでは本末転倒です。
だから肌へのやさしさにこだわりを持って開発を進めています。
デリケートな肌の人にも使えるように考え出された製法です。
使用されている天然由来の材料は昔から体に良いと言い伝えられている5種類の植物から抽出されます。

 

ノアンデに使われる植物はワレモコウ、柿、ハトムギ、シャクヤク、茶葉です。
ワレモコウはベビーケア製品よく使われるもので皮膚を引き締める作用が期待されます。
柿はタンニンが多く含まれる果物です。
タンニンは人間が発生するニオイの多くを消臭する作用をもっています。
また抗菌効果あるので肌の保護も期待できます。
ハトムギに含まれるヨクイニンと言うエキスにカテキンがあります。
カテキンには抗酸化作用があり、殺菌や中和の働きがあります。
また、ヨクイニンにはビタミンCが含まれるため美肌も期待できます、
シャクヤクは肌の保護に適しています。
肌荒れやたるみを予防する働きがあり、毛穴の状態が悪いまま放置するとできる黒ずみを防ぐことができます。
茶葉から抽出される緑茶エキスは水の流れを良くする働きがあります。
結果として、新陳代謝を活性化して角質層に潤いを与えます。
排膿、解毒、皮膚の浄化といった作用もあることが確認されています。

 

ノアンデはこれらの天然由来の植物の力によって無添加無香料の製品を実現しています。
デリケートで敏感な肌の人でも安心して使えることで使用する人を選びません。